レシピ-ジャークスパイス研究所

特別編 ジャークチキンって何?


ジャークチキン

ジャマイカ料理として有名なジャークチキン

ジャークチキンとは「ジャーク、ジャーキング」という調理方法が語源の、カリブ海の島国ジャマイカの郷土料理です。 スパイシーな調味料で味付けされますが、単純に辛いだけのチキン料理というわけではなく、ハーブ類の爽やかさ、コク深い旨味スパイス、そこに加わるチリペッパー類の刺激的な辛さのコンビネーションから生まれた、味付きグリルチキン料理の理想形(言い過ぎ?)!それがジャークチキンです。

ジャマイカにはたくさんのジャークチキンを売る屋台やお店があり、その店ごとに「微妙」に、時には「かなり」味が異なり、 基本のスパイスを除いて、はっきりとした味付けの定義はない!なんともジャマイカらしい料理でもあります。

もちろん今では世界中にジャークチキンを扱うレストランが存在し、今日もどこかでスパイシーな香りとともにサーブされている世界的な料理でもあります。どのジャークチキンにもおいしさに個性が光り、思わず食べ比べしたくなる!自分のお気に入りの味を探してみたくなる!そんな料理がジャークチキンです。


ジャークチキン



実はチキンだけじゃない?様々なジャーク料理

ジャークチキンが一番ポピュラーな料理ですが、実はそれだけじゃないんです。ジャークポーク、ジャークシュリンプなどなど、様々な素材と共に楽しまれているのも面白いところ。ジャークチキンからこの味にハマり、様々な料理に応用してしまう人が続出!?私たちの「ジャークスパイス研究所」もそんな熱いジャーク愛から始まりました。

ジャークポーク
ジャークポーク


ジャークシュリンプ
ジャークシュリンプ




ジャークチキンに使われるスパイス

ジャークチキンにはさまざまな種類のスパイスが使われていますが、 ピメント(pimento)と呼ばれるスパイス(日本では「オールスパイス」という名前で売っています)と スコッチボネット(これは「ハバネロ」として有名なとうがらし)、またはチリが必ず入っています。

これがオールスパイス
オールスパイス

「ピメント(Pimentia o pimento)」とは本来、スペイン語で「ペッパー(コショウ)」をさす言葉。
初期のヨーロッパ人冒険者たちが「オールスパイス」を、形が似ている「黒コショウ」と勘違いしたため、
オールスパイスも「ピメント」と呼ばれるようになりました。
当然ですが、味は全然違うもの。まぎらわしい!

7inchismのジャークチキンシーズニングの名前は「pimenta(ピメンタ)」。 これは上記ピメント(pimento)のラテン語で、
ジャークチキンの起源を大切に思う気持ちから名付けました。



さらに、Pimenta Gourmetのロゴもピメント(オールスパイスの木)をモチーフにしています。
ロゴ pimenta








ジャークチキンの作り方

自宅で簡単!ジャークチキンを楽しもう!!


ジャークスパイス研究所

ジャークチキンの作り方

How To Cook Jerkchicken?


ご購入はこちらから

日本人の口に合わせてブレンドした100%ナチュラル、オリジナルスパイスです


ジャークチキンスパイス

ジャークチキンスパイス

Jerk Chicken Seasoning

756円

ジャークチキンスパイスHOT!

ジャークチキンスパイスHOT!

Jerk Chicken Seasoning HOT!

756円

ジャークスパイスSEAFOOD

ジャークスパイスSEAFOOD

Jerk Seasoning Seafood

756円